澤食 Sawai

インスタグラム

お問い合わせ
» ご予約・お問い合わせはこちら


旅館 澤食(さわい)について

本建物は、120年以上の歴史を誇る町屋です。
明治30年(1897)の登記簿に掲載されており、江戸時代末期にはすでに建てられていた ものと推定されます。
花街・宮川町で長い間お茶屋を営んでおり、間口が狭く、通り庭や火袋のある、 伝統的な構造となっています。
また「隠し階段」や「吹き抜け昇降機」など、 お客様どうしがなるべく顔を合わせないですむような、お茶屋ならではの仕掛けが当時のまま残っています。
また、1階広間は、明治の頃にホールとして使用されており、 社交ダンスが行われていました。
この空間は、和洋折衷で、回転式の美しいガラス窓が当時の雰囲気を伝えています。

当館は、先の女将 土屋幸子 が昭和50年代から経営してまいりましたものを受け継ぎ 、平成30年(2018)に古い建物の良さや趣を損なわないように水回りを中心に リノベーションいたしました。
お客様には、歴史ある京町家お茶屋建築で、 花街の文化を存分に味わっていただき、 ゆっくりと楽しい時間をすごしていただきたいと思っております。
どうぞ、澤食(さわい)にお越しくださいませ。お待ちしております。

» 客室のご紹介

  概要

名称 京都澤食(きょうとさわい)合同会社
所在地 605-0801
京都市東山区 宮川筋4丁目320
電話番号 075-541-9777
メールアドレス miyagawasawai@gmail.com


▲ページのトップへ